面取り:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



面取り

面取りもコーナー同様に、2つの線(直線、曲線)がなす角に対して有効なツールです。

ここでは、2通りの方法を説明します。
例として、下図(a)を面取りツールを使用して(b)のようにしてみます。


【面取りの例】


2つの線を選択する方法

  • ①"面取り"ツールを選択します。
  • ②面取りを行うの線を1本ピックします。
  • ③面取りを行う残りの線をピックします。
    すると、下図のように面取りを行った場合の参照線が表示されます。


【参照線】


  • ④面取りを行う位置にマウスのポインタを持っていき、ドロップします。

以上が、2つの線を選択する方法でのやり方です。


角を選択する方法

  • ①"面取り"ツールを選択します。
  • ②2線の交点を選択します。
    すると、面取りを行った場合の参照線が表示されます。
  • ③面取りを行う位置にマウスのポインタを持っていき、ドロップします。

以上が、角を選択する方法でのやり方です。
操作方法としては、コーナーとほぼ同じですので、簡単だと思います。


面取り長さの指定と修正について

【面取りの長さの指定】

面取りをする2線または交点を選択した後で、"スケッチツール"ツールバーに"長さ"が表示されます。
この時に、長さを指定することで所望の長さで面取りを行うことができます。


【面取りの長さ、角度の修正】
面取り部分の長さや角度の修正方法です。

  • ①緑色で表示されている寸法またはdeg表示の拘束部分にポインタを持っていきます。
  • ②該当部分がハイライト表示されている状態でダブルクリックします。
    すると"拘束を定義"ダイアログボックスが現れます。
  • ③入力ボックスに適切な値を入力します。
  • ④"OK"ボタンを押下して閉じます。
    指定した寸法になっているか確認してください。

※参考
"面取り"アイコンを選択した後で、"スケッチツールバー"に
エレメントをトリムするか否か選択できる項目が表示されます。
最初に指定したエレメントのみを残すこともできます。

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ