アンカ:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



アンカ

CATIA V5では、アンカを使用することで、
エンティティを座標系と関係づけることができます。

アンカや拘束をしていないエンティティは、マウスポインタで選択して動かすだけで
簡単に位置や長さ、角度が変わってしまうことがあります。


例として、下図を示します。


【アンカの例】


水平に引かれた直線の両端に点があり、
向かって右側の点には寸法拘束がされている状態です。

この状態で直線にマウスを置き、ドラッグします。


【直線が動いた状態】


すると、上図のように、直線が水平ではなくなってしまいました。


そこで、下図のように左側の点にアンカをおろしてみましょう。


【アンカをおろした状態】


再度マウスを直線の上でドラッグしてみます。
しかし、この場合は、直線は動きません。

これは左側の点が固定され、さらに右側の点も寸法拘束がされているからです。


アンカの設定方法

アンカ等の拘束がない状態で作業を続けた場合、
誤ってマウスをドラッグしただけで、予期せぬプロファイルが出来上がってしまいます。

これを避けるために、アンカを使用します。


  • ①アンカをおろしたいエンティティを選択します。
  • ②"ダイアログボックスで定義した拘束"ツールを選択します。
  • ③アンカをおろす場合、"固定"を選択します。
    複数の拘束が一度にかけられるので、複数項目選択することも可能です。
  • ④"OK"で閉じます。

選択したエンティティが緑色になっていることを確認してください。
これが拘束されている状態を表しています。

さらに、錨のマークが出ていることを確認してください。
これが、アンカであり、XY座標系と関係づけられていることを示します。

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ