自動拘束:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



自動拘束

CATIAには、自動拘束というツールがあります。
その名の通り、自動で拘束をかけるツールです。

予め寸法拘束をかけていなかった場合に、
後から作成したエレメントに一つ一つ拘束をかけていくのは非常に面倒です。

特にエレメントの数が多い場合には一苦労です。


自動拘束は、拘束をかけたいエレメントにのみ
自動で拘束をかけてくれるので非常に便利なツールです。

このツールを使用した後、所望の拘束が掛からなかった拘束に対してのみ
拘束を加えるだけで済んでしまいます。


では、以下から操作方法を説明します。


自動拘束の操作方法

  • ①"自動拘束"ツールを選択します。
    すると、"自動拘束"ダイアログボックスが現れます。
  • ②"拘束するエレメント"に、拘束をかけたいエレメントを全て選択します。
    誤って選択してしまった場合には、再度エレメントを選択すると選択項目から外れます。
  • ③"基準エレメント"項目で基準となるエレメントを選択します。
    x軸、y軸も選択可能です。
  • ④"対称直線"項目で、対称となる直線を選択します。
    該当する直線が存在しない場合には、何も選ばなくて結構です。
  • ⑤"拘束モード"項目で、拘束を"連鎖"的に拘束するか、"並列"で拘束するか選択します。
  • ⑥"OK"を押下して閉じます。

自動でエレメントに拘束がかかっていることを確認してください。
もし所望の拘束がかかっていない場合には、その部分だけ手動で拘束を足します。

拘束の種類を変更したい場合や、値を修正したい場合には、次項を参照してください。

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ