スケッチャーワークベンチの抜け出し:CATIA V5使い方講座

▼CATIAの通信講座をお探しの方はこちら


>>★CATIA(キャティア)を学べる通信講座の一覧を見る



スケッチャーワークベンチの抜け出し

スケッチャーワークベンチでのスケッチが終了したら、次は3次元でのモデリングに入ります。
そこで、スケッチャーワークベンチからは抜け出すことになります。

ここでは、スケッチャーワークベンチから抜け出す際の注意点とその方法を紹介します。


注意点

①適切に拘束がかかっていますか。

●プロファイルが全て緑色になっていれば、少なくとも拘束はかかっています。
しかし、そのかけ方が適切であるか否か確認しましょう。

●拘束のかかっていない(つまり、エンティティが白色で表示されている)部分はありませんか。
拘束がかかっていないエンティティは、
モデリングを行う上で予期せぬエラーを起こす原因になり得ます。

●重複拘束がかかっていませんか。
紫色で表示されているエンティティが存在したら、これは大変危険です。
もし紫色の表示があれば、不要な拘束箇所を確認し、削除してください。


②閉じたプロファイルになっていますか。

開いたプロファイルの状態でワークベンチを抜け出し、
パッドを作成すると両端のキャップが作成されません。

完全に閉じたプロファイルが作成されているか確認しましょう。

上記の注意点を確認したら、スケッチャーワークベンチから抜け出します。


抜け出し

画面右上にある"スケッチャーを終了"アイコンをクリックして抜け出します。
仕様ツリーのパートをダブルクリックすることでも抜けられます。


ここからいよいよ3D形状を作っていくことになります。

スケッチャーワークベンチ

CATIAに関する操作解説本・参考書籍の一覧

CATIAに関する操作マニュアル・参考書籍は、下記の6冊があります(独学で学びたい!という方にはオススメです)


>>★CATIAを学べる通信講座の一覧を見る


CATIAの通信講座

>>CATIAを学べる講座を探す


CATIAマニュアル一覧

オススメはシャム ティコー著の「自分で学べる 設計者向け CATIA V5R13 上・下巻」です。世に出回っているのは酷い和訳のCATIA本ばかりですが、これはまともです。

「CATIA V5使い方講座」は、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サブコンテンツ

サイトマップ